やはり携帯から浮気が発覚、自らホテル現場を写真で撮り弁護士と共闘

男女の逢瀬
3年程前になります。あの時僕はありきたりですが出張が多かった為に、中々妻を構う時間が無く、四苦八苦していました。男性なら誰しもが陥るジレンマだと思います。僕は週末だけ帰れるという状態が続きまして、流石に嫌になっていました。子供はおりませんでしたが、やはり我が家でゆっくりするのが、一番リラックス出来る時な為にストレスが酷かったのを良く覚えています。当時、妻は介護の資格を持っていた為に施設で働いておりました。基本女性の方が多い職場ですし、安心していました。ところがそれがいけませんでした。最初はちょっとした違和感でした。

よそよそしい態度をとっている感じがしたのです。最初は疲れてるんだろうと思い、週末の時間を使って家事をやっておりました。僕に出張が続いて2ヶ月程経った頃でしょうか?妻の僕への確認の電話が入るようになったのです。それも何気ない会話の中で、平日帰ってこれる日はあるの?といった軽いものでしたが僕は悪い予感がしました、妻はどこかぬけている所がある為何かあった。と直感で思いました。そして普段なら絶対にしない僕ですが、週末に妻が入浴中に電話を盗み見たのです。勿論良くない事なのは分かっていたのですが我慢が出来ませんでした。

やはり予感は的中し、どうやら来週の平日にどこかに行くという事で上司に病院に行く旨を伝えその日は休ませてもらいました。そして当日早速待ち合わせ場所に行ってみると若い男でした20前半だと思います。そして二人でホテルに入る所も写真に収めその他の証拠写真もあった為、知り合いの弁護士に相談して全て片付けました。当然男には慰謝料もらいました。あたり前ですよね。

妻の浮気の裏をかいて利用、慰謝料を請求して反撃しました

僕は男ですが、妻が浮気したことを察知し、これをうまく利用しようとして、結果的に利用したことがあります。

どういうことかというとホテルに入っていったんです。妻と間男(いくら浮気相手とはいえ、名前までさらす必要があるかといえばないのでこうしときます)がラブホテルに入っていったので、最終的に出てくるところを押さえようとしたのです。仕事とかの関係上、弁護士を雇っていたため、今回の事も現場を押さえ、なおかつ法律にのっとって賠償金なり慰謝料なりを取ろうともくろんでいたんです。ただ、妻は僕もそんなにスーパーマンではないから女性問題があったこともありましたから、妻は許そうと思っていました。でも間男は徹底的に絞りあげてやろうと怒り心頭でいざラブホテルから出てくるのを押さえるんだという気持ちで怒り心頭ながらもチャンスを逃したらどうにもならないという事ですので待ち構えてました。そうしたら1時間半くらいしてから何も知らずに手をつないで、ラブホテルから出てきたんです。その一瞬を逃しませんでした。写真を撮り、さすがに青天の霹靂ですからうろたえにうろたえていました。弁護士の先生が「今回の事は不倫であり私の妻は守られる立場にある。だが間男は法律上賠償する義務を負っている」と言ってくれました。

結果、賠償金を手にしました。妻は許しましたがそれからは出かけるときはやましいことがないにしても周りを見回すことが多くなりました。